平塚八幡宮27歳神主の斎藤達也容疑者を16歳少女買春で逮捕

斎藤達也容疑者

神奈川県警藤沢署は13日、16歳の女子高校生に現金を渡してみだらな行為をしたとして児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、約1600年の歴史がある平塚八幡宮(同県平塚市)の神主(神職)・斎藤達也容疑者(27)を逮捕した。「現金を渡してみだらな行為をしたことは間違いないが、女の子が16歳とは知らなかった」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は昨年9月16日午後1~3時ごろ、斎藤容疑者の自宅で藤沢市の女子高校生(16)に2万円を渡してみだらな行為をした疑い。同署によると、2人はスマホの出会い系アプリにある全地球測位システム(GPS)を利用して知り合った。県警のサイバーパトロールで事件が発覚した。今後、同署は余罪があるかについても調べる。

斎藤容疑者は東北地方の出身で首都圏の私大で神道を学び、数年前から平塚八幡宮で最も一般的な職階にあたる権禰宜(ごんねぎ)として務めていた。自身のフェイスブックでは、サングラスをかけ、ランドセルを背負った写真もアップしていた。平塚八幡宮の担当者は「報道で斎藤容疑者の逮捕を知って、驚いている。勤務態度などに問題はなく、悪い評判はなかった。最近まで普通に働いていた」と話した。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000282-sph-soci

斎藤達也容疑者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。