時代の流れと共に新しくなるオレオレ詐欺の手口とは!?

20120928131322b14

当初は「オレオレ詐欺」と呼ばれていた被害が認知されてから、すでに10年以上が経過している。
警察当局は高齢者宅への訪問や各種キャンペーンで注意を呼びかけているほか、
金融機関では高額の現金を引き出す高齢者に声をかけて水際阻止を進めている。
しかし、被害が減少するどころか手口は巧妙化し、再び増加傾向となっている。

 

高齢者宅に電話して現金をだまし取る詐欺事件が認知され出したのは平成14、15年ごろで、
「オレだよ」などと息子を装った手口から当初は「オレオレ詐欺」と呼ばれた。

 

その後、利用していないアダルトサイト使用料などを請求する架空請求詐欺や、
融資を装い保証金をだまし取る融資保証金詐欺などが登場。
さらに架空の投資話やギャンブル必勝情報提供の手数料詐欺など、類似手口は後を絶たない。

 

警察庁幹部は「犯行グループの摘発が最大の被害防止」と強調するが、
摘発されているのは「受け子」と呼ばれる末端のメンバーらが大半。
今年上半期に振り込め詐欺型で摘発された582人のうち受け子は363人と6割以上、
主犯格の摘発は23人にとどまっているのが実情。

 

「主犯格の逮捕でグループ壊滅に至っていないことも被害を食い止められない要因であることは否定できない」(警察庁幹部)という。

 

悪用された口座を凍結するための振り込め詐欺救済法が20年に施行されると翌年には被害が急激に減少したが、
その後は受け取り型が横行。警察当局と犯行グループのいたちごっこが続いている。

 

警察庁幹部は「犯行グループのターゲットは高齢者。
今後は高齢化社会が進む一方なので被害の拡大が懸念されるが、
今後も着実に捜査と被害防止に取り組む」と力を込めている。

引用:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130809/crm13080913520016-n1.htm

20120928131322b14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。